FC2ブログ

マチモノと私

私がマチモノ(街の木を活かすものづくりの会)に携わるようになって気付けば3年目に突入してました。早いものです。そして最初はお手伝い程度で、木の事なんてろくすっぽ知らないど素人だったのですが、気付けば街の木のあり方について深く考えるようになっていて、変わるものですなぁ、としみじみします。
(だからと言って木について詳しくなった訳ではない・汗)

machimonop.jpg

私たちの周りに当たり前のように木があって、その存在に気付きつつも気にも止めずに生活していたのだけど、いざ、その木がなくなると「あー!そういえば大きな木があったよね!!」人知れず木っていなくなったりします。

実は木って手間もお金もかかるもの。ただ伸びればいい、って話じゃない。電線に引っかかって危険になったり、台風や雷で倒れてしまったり、木の成長と共に根っこも伸びてコンクリート盛り上げてしまって、通行人を転倒させてしまう危険が発生したり。

本当は大きく成長させすぎないよう、形をキープするべくこまめに剪定する事で、健康に、木も長く生きられるのですが、実際は自治体の予算が下りなくて延び延びになって、木も伸び伸びになってしまって、大きくなりすぎたからって思いっきりバッサリ行ってしまうと、そこから傷みが生じてしまい、寿命を縮めてしまう事に。

そういった問題に向き合うべく立ち上がったのがマチモノ!!

実際、木の伐採現場に携わってみると、やはり伐採に心痛めている人がいる事に気付きました。そうですよね、それまで風景として馴染んでいたものがなくなるって、、なくなってしばらくしたらすぐに新しい光景も馴染むものですが、やはりそれが緑、木、自然のものがなくなるのはやはり寂しいものです。

伐採して終わり、でいいのだろうか、やはりマチモノでは自然とも向き合って行きたいという思いがあります。そうした時に湧いてきたのが『植樹プロジェクト

machimonop4.jpg

伐採された木から出てきた新しい命を育て、また植える事で新しい自然を生み出す事をして行きたいです。そしてその木を健康に育てる事で、また伐採した時には有効な木材として活用して行けるようにするサイクルをマチモノは作って行きたいです。

これまで細々と活動して来ましたが、このまま一市民団体として遊びメインの活動でいいのか、実際のところ、伐採、製材、乾燥…という行程にはシビアな程にお金がかかっています。さらには伐採現場に交渉に行った時もただの一団体にあげるのは…という事で断られた事もあります。やはり事業化に向けて行った方がいいのか…そんな思いがぐるぐるしていた時、いつもマチモノがお世話になっている世田谷まちづくりファンドさんより「キラ星応援コミュニティ」という助成のお話をいただきました。

9月に第一次審査があり、無事通る事が出来たのですが、その時点でたくさんの宿題をいただきました。私たちが目を背けて来ていた問題点を見事に突いてくれて、目の覚める思いでした。

この「キラ星応援コミュニティ」では助成金はもとより、「メンター」と言う活動を応援、サポートしてくださる方が一年間、伴走してくださいます。私たちは助成をいただく事はもちろんですが、何よりこの「メンター制度」にマチモノの可能性を感じ、応募に至ったのです。

※メンターとは、仕事上における指導者、助言者。人の育成、指導方法の『メンタリング(Mentoring)』からきている。

そして今回、とても心強い4名の方と出会う事が出来ました。

machimonop2.jpg

メンターさんと話し合い、改めてマチモノが欠けているもの、我々の思いをブラッシュアップすべくヒントをたくさんくれました。

そうして臨んだ本審査会。

PC050003-1.jpg

審査員(運営委員さん)全員の支持をいただき、晴れて助成を受けることになりました!

マチモノも新たな一歩を踏み出します。

出来るだけ多くの方にマチモノの活動を知ってもらう為に、そして理解いただく為に、そして街の木のあり方、都市の自然を活用していくという目線に少しずつ変えて行けたら、そんな思いを拡げるべく、この『世田谷まちづくりファンド キラ星応援コミュニティ部門』でいただいた助成を活用して行きます。

ここから私個人の話ですが、それまで私もどうしたものか、自分の身辺についてもずっと考えていました。このまま毎月出展して、お小遣い稼ぎしての繰り返し、それはそれでいいのだけど、そもそも私は絵を描きたくて、自分の絵をアピールする為に『消しゴムはんこ』というツールを使って発信して来ました。

そうした時に出会ったのがマチモノ、というより発起人、代表でもある湧口さんで、マチモノが発足し、共に活動していくうちに、上にも述べたように思いがどんどん膨らんで行きました。そうして街の木の事を絵にしよう、それを本にしたい、という目標が出来ました。

今回、このキラ星応援コミュニティの応募をきっかけに私も『よし、マチモノに骨を埋めよう』というさらなる覚悟を決めました。

なので来年の出展は減ってしまいますが(決して辞める訳ではありません)、もともと手を動かすのが大好きなので、隙間を見ては消しゴムはんこだったり、ほぼ日手帳に落書きしたり、何か作ってたりすると思います。(絶対やめられない性分)

今後、ここでもその隙間に作ったものや、マチモノのことなど発信して行こうと思っています。

時々覗いて『またこんなの作ってるよ〜好きだね〜』とか『こんなお金にならないことやってるよ〜好きだね〜』なんて見てくださると嬉しいです。さらには『マチモノ』の事も応援してくださるととっても嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

横山 恵

世田谷まちづくりファンド助成事業『キラ星応援コミュニティ』について、こちらの記事も参照くださると嬉しいです。
世田谷の『キラ星』を応援するコミュニティを〜世田谷まちづくりファンド運営委員・水谷衣里さんのインタビュー記事です。

完全なる余談ですが、世田谷にはこういった区民団体を支援する活動が活発でとても刺激的です。こんな取り組みがあちこちでも盛り上がる事を願わずにはいられません。
スポンサーサイト



コメント

すぬう

おめでと~!!
『マチモノ』が本格始動だね!
最初は上手くいかない事も多いと思うけど、
見てくれてる人はきっといる。
すこしづつ賛同してくれる人、お手伝いしてくれる人が増えて
プレジェクトが長~く続いて行くことを遠くからだけど
応援しているよ☆
memeさんの頑張りがもっともっと大きく羽ばたきますように♪

でも私の大好きなmemeワールドは続けてね(*´∀`*)
こちらも私の野望としましては、いつかmemeブックを
この手に(๑•̀ㅂ•́)و✧と思ってるので(笑)

meme

すぬうさ〜ん!!ありがとう〜〜〜!!!
遅くなってごめんねーー!!
いつでもどんな形になろうとも応援してくれてるすぬうさんの存在は本当に私の支えです!!

継続するのって本当に大変だけど、ひとつひとつ乗り越えて行きたいと思っています☆

そしてmemeブックが完成した暁には真っ先にすぬうさんにお届けしたいです〜!!

今年も本当にありがとうございました〜!!


非公開コメント

meme

こんにちは。描くこととつくることが大好きなイラストレーターのmemeです。
これまで手がけた作品を紹介してます。


マチモノ(一般社団法人街の木ものづくりネットワーク)の活動をしています。詳しくは↓のリンク先をご参照ください。


Instagram

★神さまノートについて★

これまでの神社レポートをまとめた「神さまノート」販売中です こちらの投稿記事に詳細をご案内しております。
これまでの神社レポートをまとめた「神さまノート」販売中です★〈br〉 こちらの投稿記事に詳細をご案内しております。

プロフィール

meme

Author:meme
こんにちは。描くこととつくることが大好きなイラストレーターのmemeです。
これまで手がけた作品を紹介してます。


マチモノ(一般社団法人街の木ものづくりネットワーク)の活動をしています。詳しくは↓のリンク先をご参照ください。


Instagram